機械浴をしない老人ホーム

ある施設を見学させてもらった時に衝撃を受けました。事情があって施設名や写真は掲載できないのですが、どうしても知ってほしくて綴ります。
施設のスタッフとお話して早々に驚くことが..

「うちは機械浴をしないんです。」

その言葉を聞いて僕は驚きのあまり声が出ませんでした。

通常老人ホームや高齢者施設では、一般のお風呂での入浴が厳しい状態の方へ、写真のような機械を使って入浴して頂くことが当たり前になっています。

ここの施設ではその固定概念を取っ払い「機械浴ゼロ」での入浴介助を行っているとのことでした。
機械で寝ながら入浴するより、昔から入ってきた体勢で湯船に浸かって入浴をして頂きたいという想いがあるようです。信念が素敵ですよね。

機械浴では一般的に職員2人で介助をするが、どうせ2人で行うなら通常の湯舟でも解除できるんじゃないか?と思ったようです。

そして、やるからにはしっかり事故のないように専門家の意見や指導も受けながら真剣に取り組んでいるとのことでした。

入浴中に溺れるときは足が浮いたとき。だからそれを防ぐために湯船の造りも工夫されていました。本当にすごい!!

ここの施設では他にも、全部に介護用ベッドを導入するのではなく、ベッド柵を付けずにフカフカのベッドも使用していました。

従来の介護職の感覚で「危ない」と仰られる方もいるが、寝心地が良ければ自動的に寝返りを防ぐので転落事故は起きないようです。実際に転落事故は起きていないとのこと。

この施設の取り組みに次から次へと心から感動しました。もちろん従来の施設を求める方もいるが、このような施設を求める方もいる。全部一律で同じようにしなくても、いろんな選択肢があってもいいんじゃないのか。

他にも、利用者さんが使えるFree WiFiを導入したり、これを有料老人ホームじゃなく特別養護老人ホーム(介護保険の指定施設)でできているのがすごい。
今ある枠が正解だと思わず、常に理想を考えながら前に進むことの大事さを再確認しました。

ハート12
Loading...

コメントを残す