日本一の高齢化!介護情報をスマートに【秋田】

秋田県は人口の3分の1が65歳以上。日本一高齢化が進んでいる県。

そんな秋田の介護情報をスマートに伝えるサイト「more」
http://akita-more.co.jp/

 

運営者の工藤さんは元々介護士。
介護の情報や手続きが、実際に介護を利用する方々にとって分かりにくいことを感じ、「知らなかった」「分からなかった」という言葉を耳にする度に痛感したそうです。

「秋田 介護」とネットで検索して出てくる情報も、求人ばかり。また、見つけた施設のホームページは多忙のためか更新が途絶えていたそうです。

介護に調べたくてもあきらめてしまう。
そこで、手軽に情報収集できる介護の玄関口を作ろうと介護情報サイトmoreを立ち上げたそうです。

介護をネットで探す?

介護を受けたい方がインターネットを使って情報収集するのかというとイメージしづらいかも知れませんが、現段階でも訪問・通称系サービス利用者の約4割がインターネットで介護サービスの情報を収集したという結果もあります。※日本政策金融公庫調べ

今の50代、60代にスマホが普及しているので、そういったニーズはこれからもっと増えると思います。

一昔前までは想像できなかった「ネットを使って買い物」が今では浸透しているように、介護だってネットを使って情報収集することが当たり前の時代になるかもしれません。

・いきなり介護の窓口に相談しに行くにはハードルが高い人が、まずは手軽に情報収集できるように。
・自分の親の地域の介護情報について、遠方で離れている家族でも調べれるように。

そんな想いで日々運営されているようです。

moreのサイトでは質問に「はい」「いいえ」で答えて、介護施設を調べれるようなページも掲載しています。

「ケアマネジャーさんが勧めたから」というより、介護を受ける方々が自ら介護情報を調べて、自分で選択する時代へ。

moreのようなサイトがあれば心強い!!

実際に宣伝・営業活動をしたいけど、そこに十分な時間がさけない事業所からしても頼もしいですね。

「日本一高齢化が進む秋田県を、日本一高齢者が住みやすい県に!」という前向きな想いがステキ!!!

 

~5円ヘルパーのSNS~
インスタグラム
いいね×1グラムの北海道米が支援されます。
ブログ
ハートが10個につき、1個のレトルトカレーが支援されます。
Facebook
Twitter
~北海道米スポンサー:スポットウォーキング代表 平間さん~
「楽しむことを諦めない」をかかげ、介護現場にラジオパーソナリティー、バリアフリーに特化したグルメサイトの運営など新しい福祉を北海道から発信する熱血介護福祉士。

https://spotwalking.com/
↓ボタンとハートのクリックお願いします(^^)

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

ハート8
Loading...

コメントを残す