大阪の美容師が、東北の5円ヘルパーに会いに来た!!

大阪の美容師が東北の僕の所まで駆けつけてきた。
もはや新手の詐欺だと思われても仕方ない「5円で何でもお手伝いするヘルパー」に興味を持ったらしい(笑)

その美容師は僕に同行し、色々と力になってくれ、挙句の果てに僕の宣伝ムービーまで作ってくれた。

毎日カレーを食べている僕を心配して、「カレー以外も食べて!」とご馳走までしてくれた。
僕はただ困っている人を5円で助けているだけで、その美容師に対して何もしていない。もちろんお金を払っているわけではない。なのにここまで力になってくれている。

ステキな世の中だなぁとつくづく思う。正直者はバカを見る世界じゃなくなっている。まっすぐに生きていると多くの人が力を貸してくれる。

 

介護職じゃない人も巻き込む

介護保険法は国の法律。高齢化社会は国全体の問題。

ただ、介護に携わる人は日本人の少数派。
だから、多数派の介護に携わってない人達も巻き込んだ方が早いと思ったのもあって今の活動に至る。

まず興味を持ってもらう。まずファンになってもらう。そこから始まるんじゃないのか。

介護職がなんとなく面白そうな事してる。

「なんでそんな事をしてるんですか?」
と自然と向こうから自発的に興味を持つと最高。

「介護現場はこんな問題を抱えています!!これは日本全体の問題なんです!!!!」
とこちらから一方通行に声を荒げるより相手に伝わる。

現に美容師のかたは介護という世界に興味を持った。ニュースで山ほど言っている介護の情報を、僕が軽く喋っただけで食い入るように興味津々で聞いてくれた。

もし彼が何か困った時は無条件に助けたいと思った。そういう繋がりが大好き。

 

WAKAFUKUのグループでは、こういった福祉・介護に対することを自分の頭で考えて楽しく気ままに綴っています。前向きに考えている方はぜひWAKAFUKUへ。Facebookグループはこちら

福祉・介護職じゃない方もぜひ入ってね(^^)

ハート16
Loading...

コメントを残す